FC2ブログ
プロフィール

Mr.T

Author:Mr.T
訳ありFX日記は、FX、バイナリーオプションの初心者、すでにやっている方に参考にしてもらうためのブログです。ブログ村ランキングにも参加中!利食いとクリックがMr.Tの明日へのモチベーション!

Mr.TメインFX口座
「ぱっと見テクニカル」 200×51
Mr.TサブFX口座①
DMM.com証券
Mr.TサブFX口座②
クリック証券
Mr.TサブFX口座③
【クローズド】SBI FXTARDE ************ 外為
為替レートチェック
ランキングポッチとな!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
17577位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
6334位
アクセスランキングを見る>>

よく燃えるマグネシウムカードとカバー先銀行の関係性!

こんばんは。Mr.Tです。

帰宅後、夕飯を食べながら、妻がブラックカードの上には「マグネシウムカード」

ってのがあるらしい、と突然話をはじめ、聞いていると、資産が24億円以上のひと

が持てるらしいとのことでした。


マグネシウムって、Mr.Tは理科の実験で燃やした記憶があり、そのカード、

スゲエ燃えるんじゃないかなと思いながら聞いてました。

気になって検索してみたら、マグネシウムではなく、「パラジウムカード」の間違いで

あることが判明。パラジウムって、一昔前、商品相場で大暴騰したレアメタルだから、

なんとなくネーミングに納得感がありましたが!

知らないものに対する人の記憶ってホントに曖昧です。

FXもこんな感じで誤解しているひと、初心者って多いんだろうなとつくづく

感じたMr.Tです。


レバレッジが25倍だから、25倍儲かるとか、損するとか。。。。。

元本が割れると、怖いお兄さんがお金を回収にくるとか。。。。

FX会社はただのノミ行為を行っている奴らとか。。。

FX会社はAV販売会社とか。。。これは本当か・・・笑 よかったら左のバナークリックして!


そのパラジウムカードはJPモルガン・チェース銀行が発行しているらしく、FX会社のカバー先

銀行としても有名な投資銀行です!

マネーパートナーズ、上田ハーロー、FXプライム、外為どっとコムなどがカバー先銀行として

使っています。

カバー先銀行って、どのFX会社もいくつか持っていますが、

そもそもカバー先銀行でFX会社は何をしているか。


FX初心者、FXをやったことがないひとは、こいつ何を言っているんだと思うかもしれませんが、

簡単に説明します。

FX会社と私たち投資家は相対取引という、取引所を介さないで取引をしています。

くりっく365や大証FXは取引所取引です。

相対取引だと、私たちFX投資家は、ドル円をロングしたいと思ったら、発注し、ドルロング/円ショート

のポジションを持ちます。

その裏でFX会社は、ドルショート/円ロングのドル円ショートポジションを持つわけです。

そうすると、この時点でFX投資家とFX会社は利益相反するわけです。

つまり、ドル円が上がれば、投資家は儲かり、会社は損する。反対に、ドル円が下がると、投資家が

損し、会社が儲かる。

これじゃ会社としては存続できない、そもそも利益相反するビジネスモデルが長く続くはずがない。

ということで、ここでカバー先銀行が登場するわけです!

FX会社は投資家と反対ポジションを持つことで損するリスク、もちろん儲けるチャンスもあるわけ

ですが、それをカバー先銀行で反対取引をするわけです。

流れとしてはこうです。

投資家ロング⇒FX会社ショート⇒カバー先銀行ロング

投資家ショート⇒FX会社ロング⇒カバー先銀行ショート



つまり、FX会社はカバー先銀行に投資家の取引を繋ぐわけです。

そうすることで、投資家とFX会社は利益相反しない関係になるという仕組みです。

これでは、FX会社は儲からないじゃんと思うかもしれませんが、そこにスプレッド

という売り買いレートの差異が存在しているわけです。

どういうことかというと、100.00円で投資家ロング、FX会社ショートという関係に

なるときの為替レートは、99.99-100.00です。

100.00円のときに、FX会社がカバー先銀行で反対売買すると、投資家に100.00円で売り、

カバー先銀行で100.00円で買い戻すことになるので、これでは利益が出ません。

しかし、100.00円より安いレートで買えば利益が出ますので、FX会社はそれをやるわけです。

これをカバー取引と言います。

カバー先銀行をいくつも持っている背景はここにあります。

つまり、A銀行、B銀行、C銀行、それぞれ提示している為替レートが微妙に異なります。

A銀行、100.00-100.01

B銀行、100.01-100.02

C銀行、99.98-99.99

だとすると、今の例でいくと、FX会社はC銀行で反対売買をして、100.00円ショートの

ポジションを99.99円で決済し、1銭の収益を稼ごうとします。


FX会社、FX投資家、カバー先銀行をすべて、銀行に置き換えると、銀行同士が為替を

売り買いする形になります。

つまり、FX投資家は、銀行と同じ取引をFX会社を通してやっちゃってるわけです。


もっとカッコよく言うと、俺たちのやっているFXは、銀行のインターバンクトレードと

一緒なわけ・・・矢沢っぽく読んでください!笑

なので、FXって、ある意味スゲエカッコいい投資、投機なんですよ!

もしかしたら、FXで24億円以上の資産が稼ぎ、

ゆくゆくはマグネシウムカードが持てる
になれるかもしれないわけです。


なんか夢がありますよね!


久しぶりか、もしかしたら初めてまともなことを書いた気がします!!!


参考になったという方は最後にMr.Tの画像をクリックしてください。


今日の説明で分からないことがあれば、コメントください。


再説明しますね。


FX会社選びに役立つ情報

最新FXスプレッド一覧   

最新スワップポイントランキング

最新FX会社 自己資本規制比率  

最新FX口座開設キャンペーン(条件緩い順)  

最新FX口座開設キャンペーン(金額順)



ページトップ


いつも応援クリックありがとよ!
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


無題



関連記事
スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント