FC2ブログ
プロフィール

Mr.T

Author:Mr.T
訳ありFX日記は、FX、バイナリーオプションの初心者、すでにやっている方に参考にしてもらうためのブログです。ブログ村ランキングにも参加中!利食いとクリックがMr.Tの明日へのモチベーション!

Mr.TメインFX口座
「ぱっと見テクニカル」 200×51
Mr.TサブFX口座①
DMM.com証券
Mr.TサブFX口座②
クリック証券
Mr.TサブFX口座③
【クローズド】SBI FXTARDE ************ 外為
為替レートチェック
ランキングポッチとな!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
17577位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
6334位
アクセスランキングを見る>>

◆「二択型」オプション禁止へ、といういい記事発見!コピペコピペ!

バイナリーオプションの自主規制案、骨子まとまる

読売オンラインで高城さんという方がとてもいい記事を書いているので、
そのままコピペしちゃいます!

「一度は認めた商品をなぜ取り上げるのか」と不満の声も高まっているって、Mr.Tと同じこと
言ってるじゃん。この人は訳ありFX日記読んでるかのか!?w

そんなことはないか・・・・

 為替商品として人気を高めていたバイナリーオプション。今年第2四半期の出来高は2091億円と市場規模を拡大させてきた。一方で、その「投機性」などが問題ともなり、金融先物取引業協会を中心に自主規制案を策定していたが、途中経過のその骨子を見ると現在主流となっている商品の多くが現行の商品性では取引できなくなりそうだ。

 日本で主流となっているのは、為替レートが「上がるか・下がるか」を選択するだけの「二択型」と呼ばれるバイナリーオプションだ。GMOクリック証券やFXトレード・フィナンシャル、FXプライム、ヒロセ通商などで扱っている商品が「二択型」にあたる。

バイナリーオプションの出来高は前期比30%増
 今回の自主規制案では、こうした「二択型」は禁止とされた。まだ案の段階であり、春までに内容を固めていくとのことだが、この内容で実施されれば業者側や個人投資家からは不満の声が高まるだろう。

 バイナリーオプションの市場規模を見ると、昨年1~3月期に1275億円だった出来高は今年4~6月期で1612億円(26%増)。7~9月期では30%の増加で2000億円の大台に達している。最近でもFXプライムが10月から「二択型」の提供を開始するなど、頭打ち傾向のFXからバイナリーオプションへと投資を振り向ける動きも目立つ。また収益源の大半をバイナリーオプションに頼る会社もあると見られ、そうした会社は自主規制に対して黙っているだろうか。

自主規制が背中を押す海外業者の利用
 今回の自主規制では過度の投機性の規制とともに「投資家保護」も目的にうたわれている。「二択型」バイナリーオプションの損失は、投資元本に限定される。1万円を投資した場合の最大損失は1万円だ。FXでは自ら損切りしないと損失がふくらみ、最悪の場合には投資元本以上の損失が発生する可能性もあるのに対して、安全性が高いとも言える。

 当の個人投資家側の事情を見ると、バイナリーオプションで数千万、あるいは億のケタの利益をあげる投資家も散見されるようになるなど、FXが普及する過程で感じたのと同じ熱量を感じる。「ポストFX」として業界が期待しながら不発に終わったCFDと違い、バイナリーオプションには個人投資家の草の根レベルでの盛り上がりがあっただけに、「一度は認めた商品をなぜ取り上げるのか」と不満の声も高まっている。

 ただ、個人投資家は身軽だ。「二択型」を提供しているのは日本の会社だけではない。「日本で規制されるのなら海外の会社で」と割り切れる。商品の多様性では海外業者のほうが優っている面もあり、すでに海外の業者での取引に軸足を移している人もいる。FXレバレッジ規制後、日本で規制された25倍以上のレバレッジを求める投資家が海外業者で取引するようになったのと同様の動きが、バイナリーオプションでも起こりそうだ。

「二択型」オプション禁止へ

『選べるHIGH・LOW』170×100

外為オプション(スマホ)

DMM.com証券

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村  
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント